身近な分汚れがちなトイレ、そんなトイレ掃除の秘訣を教えるサイト『トイレ掃除のコツ』
身近な分汚れがちなトイレ、そんなトイレ掃除の秘訣を教えるサイト『トイレ掃除のコツ』


水廻り(キッチン・洗面・トイレ・浴室)は家の中で一番汚れやすい場所です。
中でもトイレは掃除(ハウスクリーニング)で最も憂鬱な場所と言えるでしょう。
ですが、トイレが清潔だと気分が良く、住み心地にも大きな影響を与えます。
ドアを開けたとき、綺麗なトイレだととても安心しますよね。
朝、顔を洗うとき、ピカピカの洗面所だと爽やかな気分になれます。
また、使った人から「トイレ綺麗にしてるね」と褒められれば気分もいいものです。
トイレを清潔にしておくのは実は簡単です。
汚れをためない、そのままにしない、気づいた時にその場で掃除ををする。
これだけで汚れのつき方がぜんぜん違うのです。
とはいえ、これだけではやはりどうしても限界があります。
そこで当サイト「トイレ掃除のコツ」が、ちょっとした汚れから頑固な汚れまで、
皆さんにトイレ掃除の秘訣を教えさせていただきます。
皆さんも綺麗なトイレに、そして爽やかなトイレ生活を始めてみませんか?

便器・便座

トイレの便器には尿石や黄ばみ、水垢など様々な汚れが付着します。これらを落とすには、トイレ専用の洗剤を使用します。

タンクの汚れ

トイレのタンクも便器と同じ材質の場合が殆どですが、汚れの性質は水垢や黒ずみの比率が高くなります。

臭いの原因

トイレの臭いの原因は、やはり人間からの汚物によるものが主となります。
壁にかかったり床にこぼれた小水、目にみえなくとも飛び散ってしまっているのです。

プラスチック部分

洋式トイレの便座などのプラスチック部分には、酸性洗剤ではなく中性洗剤や弱アルカリ性洗剤を使用してください。便器蓋の入り組んだ部分はブラシを使って奥までよく拭くようにします。

金属部分

タンク上部の水出し口など、金属部分の汚れにはクレンザーを使って磨き上げます。また、金属磨き剤を使用してもピカピカになります。

壁紙の臭い

トイレ掃除といえば便器に目がいきがちなのですが、忘れてはいけないのが 壁に染み込んだ臭いです。思いのほかここにも尿が飛び散っており、臭いの元となります。